本日 6 人 - 昨日 36 人 - 累計 76484 人 サイトマップ
 十月二日の高文連全道大会の夜に行われました部内歌会の結果をお知らせします。我が文芸部で歌会をするというのはちょっとめずらしいです。
・出詠者~小川朱棕、想真唯愛、ありあ、雨宮寧々子、里久、こんがらがるー、紫隅亮介、むみゃ~(選歌のみ参加)、たぬき(ゲストの旭川東高校二年生、詠草のみ参加)
・題詠「恋」
・特選一首、並選一首
・括弧内は選者名、太字は特選選者です。



階段を一段飛びで先をゆくまぬけなあなたすべってころべ 小川朱棕/六点
雨宮寧々子、紫隅亮介、こんがらがるー、里久)
・危ないのに調子のっているやつが転んでしまえという歌。
・ひらがなが多いから女の子の歌かな。
・一緒に歩きたい女心を分ってくれない。
・谷川俊太郎の愛の詩より。イケメンなのに天然で転ぶ知人に向けて。(詠者より)

孔雀さえいなかったなら海牛はかなりイケメンだったんだけど 雨宮寧々子/六点
里久、小川朱棕、むみゃ~
・海牛っていいよね、好き。
・孔雀のインパクトが強すぎて海牛が不憫。
・孔雀と海牛は誰かのたとえなのか?
・人間を孔雀にしたかったのだけど…。(詠者より)

十六は通り過ぎてく青い春期待してるぞ十七の僕 たぬき/四点
こんがらがるー、小川朱棕、むみゃ~)
・前向きで読んでいて楽しい歌。
・かわいい。期待してるぞ、がきいている。

赤点を五つも取った天才とペンギンを見る次の日曜 こんがらがるー/二点
(雨宮寧々子、ありあ)
・人に流されなくてよい。
・たくさんいるペンギンを見て、世の中いろんな人がいるよねってことかな。
・予定です。(リア充の詠者より)

「私には好きな人の好きな人を好きにはなれない」受け売りだけど 紫隅亮介/二点
ありあ
・ほんとにほんとに自分がその通りなので深く共感。
・実景です。(詠者より)

髪形は違って眼鏡もかけてないそれでも傍にいるんだろうね 里久/二点
想真唯愛
・友達の恋を応援する気持ち。
・復縁の歌か? 何年たってもいい関係ということかな。
・愛されていていいと思った。
・誰が誰を詠んだのか分りにくかった。(詠者より)

メールする時ごめんねとおやすみの絵文字が違うのに気づいてた? ありあ/二点
(紫隅亮介、想真唯愛)
・絵文字を使うことがあまりないので分りにくい。
・メールの文面そのまま。
・気づいてほしいのに、と思う気持ち。(詠者より)

天気予報当てるみたいに君の表情を読み取るのは難しい 想真唯愛/無点
・表情が読み取りにくい好きなキャラクターを詠んだ。(詠者より)

 たぬきさんありがとうございました。高校生の半分は恋でできている(顧問曰く)。恋の話が盛り上がった夜となりました。


10月1日~3日に開催されました平成26年北海道高等学校文化連盟第12回全道高等学校文芸研究大会作品コンクールの結果を報告させていただきます。


小説
入選 「挨拶」  木村杏香(二年)

短歌
優秀 「巻貝に耳を澄まして何万回何億回もの夕暮れを知る」 荒井愛永(二年)
入選 「唐突に教師イルカの話して数ⅠAの海あたたかし」  池原早衣子(三年)
入選 「あの木達空に向かってなんかじゃない可哀想なほど引っ張られてる」  平田莉々(二年)

俳句
最優秀「宣誓の腕峰雲を貫いて」      池原早衣子(三年)
入選  「五番目の素数は十一梅を干す」   荒井愛永(二年)
入選  「卒業の椅子をそろへる役目かな」  木村杏香(二年)

文芸部誌部門
金賞 「炎」第八十二号

※来年度総文祭(滋賀県)短歌部門(荒井)
北海道東北ブロック(青森県)小説部門(木村)、短歌部門(平田)、俳句部門(木村)、文芸部誌部門

 こんにちは。旭川東高校文芸部です。秋雨が続く旭川に嬉しい知らせが届きました。
 もうご存じだとは思いますが、我が文芸部のOB堀下翔が第6回石田波郷新人賞を受賞しました。ホームページ上の挨拶になってしまいますが、お祝い申し上げます。驚いたニュースに、どれだけすごいことか把握していない部員もいます。
 卒業した今も部室に来て一緒に句会をしたり、今年の俳句甲子園の練習に付き合っていただいたりなど、いつも本当にお世話になっています。先輩を知らない代の一年生もとても喜んでいます。


 …まぁ、かたくるしい挨拶はこの辺にしておいて…。受賞の知らせからもうだいぶ経っているので今更という感じでしょう(笑)なぜ、こんなにも遅れた報告になってしまったかというと、私たち現役部員は昨日まで高文連全道大会で洞爺の温泉に入っていたからなんです(いいえ、ちゃんと勉強してきましたよ!)。
 我が文芸部から、そしてこの北海道から受賞者が出るなんて、本当に嬉しいです。改めておめでとうございます。受賞作品が読めるのを心待ちにしています。
 さて、後日高文連全道大会の報告もホームページに掲載していきたいと思います。我が部から最優秀賞、びわこ総文祭の出場者も出ました。私たちも先輩に負けてばかりではいられません! よりいっそう俳句の勉強、文芸の追及に励みたいと思います。
 これからも旭川東高文芸部をよろしくお願いします。 
旭川東高文芸部一同