本日 6 人 - 昨日 36 人 - 累計 76484 人 サイトマップ
 こんにちは三年生の開来山人です。暑いです。北海道のくせに暑いです。夏は好きですが暑いのはイヤです。

 北海道の暑さにもやられそうなのですが、実は、八月の頭に長崎に行くことになっています。タイトルに書いた通り、総文祭です。正式に言えば第37回全国高等学校総合文化祭長崎大会です。わたくし開来山人は、文芸の俳句部門の北海道代表生徒に選ばれまして、長崎で俳句の勉強をする機会を頂いているのです。

 楽しみです。長崎に行けるだけで楽しみ。その上、知らない土地で俳句の勉強ができるなんて。幸運です。この好機を生かし、全国の高校生俳人から刺激を受け、また初めての土地で新鮮な句作をします。長崎でしか詠めない句を山のように詠んでみたいです。

 では~。九州の暑さに負けないように……。帰還したら報告書きます。あと俳句も。ばたばたしてるので、早めの更新でしたー。


こんにちは、小鳥です
文芸部が止まる所を知らないみたいです
夏休みだというのに部室はいつも以上に賑わってます。

高文連の作品提出も終わりやること全てやった気がします。しかし1,2年生は俳句甲子園と部誌のことで大忙しですね。学校が現在大規模改修を行っているということもあり、集中できる環境でもないし、後暑いし。それなのに頑張っていますね。関心させられます。何か部室で勉強してるのも悪い気がしてきます。

小説を書きたいです…。しかし受験生にも限界があります。同じ文章でも自己推薦文の方がよっぽど大事ですしね。部員の中で自分だけ大学落ちそうだなんて考えて頑張る気になってます。俳句も本当は句会とか参加したいし、短歌や詩にも手を出してみたいんですけどね。そんなことは大学でやりなさいという話なんて思うじゃないですか。けれども高校でやることに意味があるんですよ?青春?そうそれです。文学によって汗水垂らし、燃える心を文字にぶつける。それが体育会系文芸部です。いやうちの文芸部はそんな暑苦しくないんですけど。あ、しかし活動はとても熱いです。何と言うかゆるさと楽しさと厳しさの共存って感じなのです。見学に来てくれればわかると思うんですけど…見学は常時大歓迎です!

そろそろ無駄話も無くなりますね。イベントがあれば話すこともたくさんありますが、今は嵐の前の静けさなのでしょうか。でも部室はガヤガヤしてます。
そういえば近々小説ホームページに載せますね。下手くそですけど、読んでくれたら嬉しいです。

組み合わせそんな原理が無かったら初恋だけの世界だろうに
↑これって短歌になりますかね?イマイチ短歌はわかりません

句会録について

2013年07月11日
こんばんは、管理人の空集合です。

このHPもついに来場者数様が2000人を超えました!
HPを開設した当初はまさかこんなにも色々な方が見てくださるとは思ってもみなかったので、とても嬉しく思っております。
みなさん、本当にありがとうございます!



さて、それでは本題へ。
ブログで公開する予定でした句会録ですが、作品という形でまとめることにしました。
というのも、ブログだと他の部員の記事に句会録が埋もれてしまい、わかりにくいかと思ったからです。
また、句会というのは列記とした文芸部の活動ですので、ブログという形ではなく一つの『作品』として取り扱った方が良いのでは、という理由もあります。


句会録は作品より観覧することができますので、今後はそちらよりご閲覧ください。



これからも、旭川東高校文芸部HPをよろしくお願いします!

学祭お疲れ様です

2013年07月09日
こんにちは、想真唯愛です。
初めての学祭が終わりました! 私は執行部にも入っていて、何が何だか分からない間にすべてが終わってしまったような気がします……。とっても忙しくて部に全く貢献できませんでしたが、文芸部としての活動はほんとうに楽しかったです(^-^)
俳句甲子園では、選抜チームとして戦いました。地方大会では一勝もできずとても悔しかったですが、今回は勝つことができてよかったです(*´ω`*)
部誌も二日目の昼に売り切れて、先輩方もびっくりしてました! 来年、再来年もこうなれるよう、頑張ります。
部に全く貢献できず、先輩方に多大なるご迷惑をおかけしまして本当に申し訳ないです。゚(゚´Д`゚)゚。 来年は、いろんな場面で今年よりも何倍も頼れる人になりたいです……というより、なります(・∀・) これからも頑張ります!

綺麗な夜です

2013年07月07日
こんばんは、ひねもすです。
七夕というのにあいにくの曇り空ですが、空気は澄んで感じます。
今日は、後夜祭が終わっても蒸し暑い体育館から出たくないと思うほど、学校祭を最後まで楽しむことが出来ました。

部誌販売や中庭で行われた俳句甲子園に関して、前の二人が話していましたが、私からも足を運んでくださった方々にお礼申し上げたいと思います。

実は俳句甲子園終了後にとても嬉しい出来事がありました。校内を歩いていたところ、ある女性に「俳句に出ていた方ですよね」と呼び止められ「おもしろかったです」とのお言葉をいただいたのです。俳句甲子園を今日初めて見たという友人にも「想像していたよりずっとおもしろかった」と言ってもらい、試合中に勝ちが決まったときより胸がいっぱいになりました。笑

俳句と聞いただけで抵抗を感じる人は少なくないと思うのですが、その抵抗感を、文芸部のイベントによってたまさかにでも減らすことができたなら、それ以上のことはありません。自分自身が楽しくやることは前提として、観戦に来てくださる方々に楽しんでもらうことは、学校祭で中庭ステージを使わせていただいている以上は義務だよなぁと改めて感じました。来年は今の1・2年生に頑張ってほしいと思います。

それでは皆様、昨日今日と本当にありがとうございました。
おつかれさまでした。

学校祭終了!

2013年07月07日
こんにちは、管理人の空集合です。


本日、学校祭が無事に終了致しました。
前回このブログで宣伝致しました部誌ですが、今年は売れ行きが良く、私自身驚いています(笑)
売れ残りが出てしまう年もあるのですが、今年は二日目の早い段階で売り切れてしまいました。
これも文芸部を応援してくださっている方のおかげです。
皆さん、本当にありがとうございます!

また、中庭俳句甲子園も楽しく行わせて頂きました。
松山俳句甲子園に出場しない私は恐らく今回が最後の俳句甲子園となりました。
最後、ということで全力でディベートさせて頂きました。
本当に楽しかったです(笑)


部誌を買ってくださった方、中庭俳句甲子園をご覧になってくださった方、本当にありがとうございます。
これからも旭川東文芸部を応援してくだされば幸いです!

旭川東高校の学校祭が今日終了しました
とても熱い学校祭でした。
みんな泣いてたので泣けなかった自分が少し悲しかったですが、文芸部としては本当に素晴らしい結果を残せたと思いました。
なので大成功の学校祭の裏で大活躍した文芸部にスポットを当てて説明したいと思います。

申し遅れました小鳥です。
小鳥さんにとっては当然最後の学校祭でした。
1年、2年の時はクラスばかりで、全然部にかかわらない子だった自分ですが本当に今年で文芸部が大好きになってしまいクラスと同じぐらい3年生の学校祭は文芸部にかけていました。

学校全体にも言えることですが、本当に文芸部は3年生は凄い人揃いで自分なんて取るに足らない人なんですけど、やっぱり今年の文芸部は今一番熱く、楽しい部活だと誇れます。そんな一員になれたことが今は嬉しくて仕方がありません。

部誌は去年よりも制作期間が短く、非常に慌ただしくなってしまいましたが、部員誰1人として〆切を破らないという快挙を達成できました。そして部誌も日曜日の12時には完売しました。アベノミクス効果もあるでしょうが、色々な庶務やらまとめてしてくれた才色兼備の部長のひねもすに、機械に強く短い期間の中で不可能を可能にしてくれた空集合に、超絶な才能で人を惹き付けてくれる部誌の看板作家の開来山人に、文化的才能の申し子で表紙を独特のセンスで描き上げてくれた茂木マックス
自分はこんな人達と一緒の部に居れたことが本当に驚きですよね
勿論1、2年生だって売り子上手だったし来年も頑張って欲しいですね

後は俳句甲子園ですか
自分の俳句はどすべりして無惨にも散ったのですが、それでハードルも下がったのか残りの四人は全員勝ってくれました。
考えもまとまっていないのに手を上げてよくわからないことをたくさん言った気がします。チームで一番喋ってた気がするのですが、喋りたかったみんなごめんなさいでしたー。
1年生にもやっと勝たせてあげられたし、全国チームも一層やる気を出してくれるはずですので、とてもいい踏み台になれたかなって思います。

高文連に向けて最後ですが、頑張りたいと思います。
後輩に向けて言いますが、やり残すことのないように!自分は全て始めるのが遅すぎました。と言っても1年生は全員俳句甲子園出場してくれたし、自分のような過ちはしないだろうけど

もう引き継ぎの時期ですねー
Twitterの管理も誰に任せましょう?
一番気になっているのは1年生で誰が副部長になるかですが、全員すてに俺らが1年の時のレベルは超えてるから誰でも任せられますね!

ではでは学校祭お疲れさまでしたー

学校祭宣伝

2013年07月05日
どうも、みなさんこんにちは。管理人の空集合です。


今回はタイトルにもある通り、学校祭の宣伝を行いたいと思います。
もっと早く宣伝すべきだったのですが……やはり準備やら何やらで忙しく、ギリギリになってしまいました、すみませんm(_ _)m



さて、明日・明後日と、我が旭川東高校で学校祭が行われます。
(本当は今日も学校祭の一プログラムとして仮装をして街を練り歩いたのですが……)

我々文芸部はこの学校祭期間中に部誌『炎』を販売いたします。
今年の『炎』はこんな感じに仕上がりました!
画像
(写真写りがあまり良くなくてすみません……実物は綺麗なダイアモンドリリー色です)

およそ120ページの部誌となっています。
価格は100円。
脱水症状や熱中症は良くないですが、ペットボトルを一本我慢すれば買えますね(笑)
損はさせませんので、旭川東高祭にいらっしゃった際には是非どうぞ!
四階木の城にて販売します。



そしてお知らせの二つ目。

例年、我が文芸部は学校祭で「中庭俳句甲子園」と題しまして、中庭で俳句甲子園をさせていただいております。

今年は7月7日、午前10時から行う予定です。

兼題は『恋』。
俳句甲子園全国出場チーム対旭川東高選抜チームの対決となります。
わたくし空集合も選抜チームの一員として参加予定です。

俳句にはあまり詳しくない方でも楽しめる内容となっておりますので、お近くに住んでいる方は是非足を運んでみてくださいね^^

こんにちは小鳥です。
ブログ投稿ももうすぐできなくなると思うとたくさんしたくなりますよね

自分は俳句もいいけど、小説も大事なんですよ。
小説が運命を変えてくれたと言っても過言ではないので。あ、俳句こんど長々と話してみたいです!いつやるかわかりませんが、楽しみにしててくださいね笑

高文連は小説3つまでしか出せないんですよ。なので毎年高文連が終わってから次の高文連の〆切までの大体9ヶ月ぐらいで練りに練りまくるんですけど、それでも全部頭の中でやってしまうのが駄目なところです。丁度1年に3回ぐらいあ、これいけるかもっていうフレーズが思いつきます。それを膨らませて面白くさせる力を出しきれれば自然と良いものが出来上がっています。
えっと、つまり何が言いたいかと言うと小説はフレーズなんです!自分にとっては。
小説っていうのは長いので文章力があってたくさん本を読んでないと書けないなんて思ってる人はいませんか?そんなことないですからね!ワンフレーズさえ思いつくなら誰にでも書けますよ。
フレーズっていうのは具体的には「ヤシの木とハゲ」という言葉が思いついたならそこから、ヤシの実が自分の頭に似てて嫌いとか無人島の話にしようとか色々考えるわけですね。オチはヤシの実嫌いだったけど自分にとっては唯一の友達だったことに気付くにできるなーとか。

少し難しかったでしょうか?ですが、この書き方の良いところは無駄がないということです。膨らませていくわけですから全部が大事なんですよ。それを繋げる必要があるわけですから、その繋げるための文章がよい感じに緩急を生み出していると言えばいいのでしょうか。

まとめると
フレーズ→膨らませる→繋げる→完成!
って簡単にはいかないかもしれませんが、繋げる作業をしていて繋げれない場面が出てきた時は繋げれるように考えをまた膨らませたらいいと思います!

自分は沢山の人に小説を書いて欲しいと思ってますので、それで考えてみたわけです。自分は本は読みませんし、運動部系文芸部員なわけですから文才なんて全くといっていいほどありません。そんな人でも小説を書こうと思えば書けたので笑

でもこれでは長編小説を書けないんですよ…
自分なんて短編小説の中でも短い文章しか書けなくて
それもひとつの小説のあり方かなと思って暫くはこのスタンスで書いていくつもりです。

旭東が俳句だけでなく小説でも凄いと呼ばれるようになったら嬉しいなー