本日 6 人 - 昨日 36 人 - 累計 76484 人 サイトマップ
水玉の服を選んで着る魔法マニック・マンデイ今日から梅雨

運命の確率論を説きをれば不意に夏日のまぶしきことよ

『愛して愛して愛して思い切りw但し血と肉まででいいからw』

平均点以上の点の代償はありふれすぎたちっぽけな恋

唐突に教師イルカの話して数ⅠAの海あたたかし

おのおのに二足歩行になった由(あの子のほおをつねるためとか)

生け花の花の痛みを誰が知る毟られし葉と刃られし花弁


秒針の音の感じで一日がもう決まってるような気がする

湯の底に息を潜める深みどり今日はこんなにしずかな三時

青空を見上げている君の隣でずっとシャボン玉吹いていたい

昔「る」の発音が下手だったのは愛さなくても愛されたから

私では馬の骨にもなれません せめて綺麗な過去をちょうだい

雨はすき誰にも言わないこと全部ずうっと言っている雨はすき

ばかみたく生きづらそうに生きている君がばかみたく好きな私

望んだらすぐに手に入れられるのは不健康なようでごにょごにょ

みたされてみたされてみたされているひとりぼっちの涙のりゆう

何にもないことが強い気がしていた きっとあのときぜんぶ持ってた

きれいごとはぜんぶほんとであるといい いずれほんとはすこしかなしい

さびしさとさよならはとても似ているね だから違うでしょ ねえスナフキン

電話での間の取り方がおそろしく下手ですごめんなさい「え、なんて?」

うりぼうのしましまいつか消えていくあなたの夢も私の熱も

ジャスパーのような苺に噛み付いて酸っぱいだけの真実を知る

天高し新しい手帳買うように目的のなき散歩に行った

〈ほだす〉とは漢字で書けば〈絆す〉なり不意にわれらの絆おそろし

かもめしか知らない感覚(空を飛ぶ時に自分のうえにあるもの)

[元気か]とのみ記されし絵葉書の消印はパリきみは元気か

にほんいちあなたのことがすきという気持ち(遺伝子組み換えでない)

知り合いに佐藤というやつ四人いて揃って英語の発音がいい

春過ぎぬ今までにないデザインのノートを買っておれはうれしい

教室のカーテンが少し空いていてきっと誰かが空を見ている

【東京の先輩からの賀状】
「きみの夢」こういうふうに言い換えることが出来るよ→「きみの特権」

メル友のふるさとに雪降らざればメールが国際郵便のよう

【茨城の友人に旭川の話をする】
冷蔵庫より寒いじゃあないですか(笑)うるせえ黙れ冷凍庫なり

「香椎由宇」辞書で調ぶれば「貸し売り」のまえにでており春はあけぼの

保健室しんとしており中庭を挟んで向うの教室は午後

「Kの遺書あなたが書いたものみたい そういやあなたのイニシャルもK」

わが姓に土偏の文字あるがゆえ水を飲むとき喉は踊りつ 

夏遠し古地図のうえにわれわれの立ってる点を打ち付けてみる 

【修学旅行4首】
大阪の夜景眺めて「東京の夜は綺麗!」と叫んでしまえ!

【ドラえもん誕生まで丁度百年の夜に泊りし宿】
百十六歳のわたしよまだ君の時代に「旅庵花月」はあるか

京都にて岩手に住んでる佐藤さんとメールしている旭川のおれ

ふるさとで買い得る筆を京都にて買う「行為」とそういうことだ


 短歌は日記だと思っている。実体験からつくることが多いし、そうじゃなくても出発する発想は自分が持っている。詞書も、俳句にはつけないが、短歌には積極的につける。それでも独りよがりな部分は多いから、課題だ。
 好きな歌人は大松達知さん。「ただごと」を追うことが多いのは、大松短歌の影響でもある。ほんとうは仮名遣いも彼に影響されて旧かなにしていたが、どうにも違和を感じる場面があって、いまは考え直した。