本日 22 人 - 昨日 27 人 - 累計 77675 人 サイトマップ

【5句競作】絵里(洛南)×瑞季(広島)×堀下(旭川東)

5句競作の第5弾です。



第16回俳句甲子園公式作品集を読む!(目次)へ


〈鈴の音〉下楠絵里/洛南2年

少女から乙女となりて寒椿

鈴の音を聞き比べたる花柊

滝凍る地球眠つてゐるやうに

眼裏に血の流れけり冬の濤

風花を抱きて舞台の終はりかな



〈跳んで冬〉青本瑞季/広島2年

夕焼にあらはなりけり船の基礎

人形にさす影ふたつ秋湿り

やはらかく平均台を跳んで冬

セーターは一本の糸解けはじむ

大焚火胸郭に音満ちるほど



〈国典〉堀下翔/旭川東3年

国典の発見さるる湯豆腐食ふ

まなうらに海鳴の来る炬燵かな

冬晴や映画館出てすぐしづか

屋根あれば下に人ゐるクリスマス

詩学より始めよ綿虫がいつぱい


画像画像画像



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):