本日 15 人 - 昨日 60 人 - 累計 98400 人

【句会録】第一回部内句会

九月二十五日に部室で行われました第一回部内句会の結果をお知らせします。先日行った部内でのミーティングで、ぜひ部室で互いの顔を見ながらの句会をしたいとの意見があり、九月二十五日に句会を開きました。

・兼題『水の秋』(傍題として秋水、秋の水)
・投句は一人一句、選句は一人二句
・参加者 小川朱棕、ありあ、雨宮寧々子、むみゃ~、想真唯愛


水の秋パントマイムを見るひとり(想真唯愛)/三点句
・道ばたの大道芸みたい。
・パントマイムを見るのはパリっぽい。パリって秋っぽい。
・ひとりが最後に強調されていていい。
・音のないものと水関係の季語は合う。
・橋の上でやっているイメージ。
・水の秋は音を聞くものだと思ったから、音のないものと取り合わせた。(詠者より)

絵葉書の文字の淡さや秋の水(ありあ)/二点句
・書いているのか、読んでいるのか。
・文字が淡いということは春の方が合う気もするが、それだと近すぎる気がする。
・水墨画っぽい。
・薄い(淡い)色は書かれた紙の色が透けて見える。秋の水は澄んでいて底まで見える。淡いと水には因果があるのではないか。
・冴えている、すっきりしている季語なのに逆に合うかも。
・水の秋と書くものを合わせたくて手紙にした。(詠者より)

メビウスの輪をほどきけり水の秋(雨宮寧々子)/二点句
・果たしてほどけるのか?
・どきっ、そわそわ俳句! 遠くもなく近くもない感じ。
・世の中の真理みたい。取り合わせか、何かの例えなのか。
・裏と表のものをほどくとはどういうことなのか。水の秋、透けて見えるから裏表は関係ないのか。
・切るとかはつまらないかなあ、と。(詠者より)

秋水にふれてから弾くワルツかな(小川朱棕)/二点句
・いつもと違ってピアノの音が聞こえる。
・音も澄みそう。
・ピアノの黒とかつや、鍵盤の白が見える。
・ショートムービーのように時間の流れがあるかもしれない。
・凛とした秋水、可愛いワルツ。新しい。
・ベタベタした手でピアノを弾きたくない。実際に緊張をほぐすために冷水につけることがある。(詠者より)

切り傷に染みる秋水が温かい(むみゃ~)/一点句
・破調の世界へようこそ!
・秋水は冷たいのでは? 
・擦り傷じゃだめ。
・切り傷に染みるのに温かいのか。新しいと思った。
・「○○が○○だ」っていうのはただの報告っぽいが、逆に潔くていいかもしれない。
・歳時記に刀の例えについてのっていたから。インスピレーション。傷が温かいと感じるのは生きていることの実感。(詠者より)



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):